徒然3行かもしれない日記

日々のこと、身体のこと、本のこと。気になることがあればコメントしてみてください。

港 横浜

『こちら横浜市港湾局みなと振興課です』は若き横浜市の公務員コンビが謎を解き明かすお仕事小説。 出会いと別れのの舞台、横浜港。 さくさく読めて 面白かった。

新蕎麦の季節

『蕎麦食べていけ!』は温泉町の町おこし小説。 元バンカーの小説家だけあって、銀行のしくみやクラウドファンデイングの手法などわかりやすく組み入れられていて、読みやすく楽しめた。 おりから新蕎麦の季節、蕎麦が食べたくなる。 職人も仕事の美しさや「…

蜩の記

『蜩の記』は再読なんだけれど、胸を打つ。 主人公の秋谷の凛とした真っすぐな生き方にも、息子の友の源吉の家族を思いやる姿に圧倒される。子供でありながら父を守ろうとする健気な心構えは素晴らしい。 常にしっかりとした考えをもち、自らを律し家族のた…

ポツンと一軒家

「ポツンと一軒家」に住まう人はとんでもなくバイタリティーがあり、まめで働きものであり夢を追い続けているすごい人たちである。 いつもいつも感心してみている。

六地蔵さん

先日、町はずれの小さな薬師堂にいった。 そこには、毛糸の帽子をかぶった六地蔵さん。 その地域の人の慈愛を感じる。季節が変われば、帽子も変わるのだろうか?

おらおらで・・・・

『おらおらでひとりいぐも』は主人公の内なる思いを東北弁で表現された、ユニークな作品。孤独でありながなも強い意志がそこにはある。 私自身も「おらおらでひとりいぐも」かな。 でも、彼岸の先には、見守ってくれている人たちがいる。

散歩代行します

ななが居なくなってから、散歩のお供がなく、寂しい。 犬の散歩をしている人がうらやましい。 散歩代行したいなと思う。 家に帰っても待ってくれているななはもう居らず、何の気配もない家へ帰るのは、寒くて静かで侘しい。

カゲロボ

『ガゲロボ』なんだが怖い小説だった。 だれもみていなくても、神様だけは見ているというような話かと思ったら、、、全然違っていた。 「ゆび」の終末期医療の病院は近未来にはこういう病院になりそうには思える。

絶筆

『眠る魚』は、坂東眞砂子の未完の絶筆作品である。 3.11や福島の原発事故、そして、主人公が癌におかされるという事実を基にした物語。 放射線被害を思わせるようなアオイロコなる風土病。作者らしい感じがした。 問題提議の多い作品である。 表題は眠…

小さい秋みつけた

ナナが亡くなり10日間が過ぎた。 例年より寒くなく、その分、雨が多く、各地で災害が続いている。 そんな中ではあるが庭で小さい秋をみつけた。 赤松の幹に紅葉した葉がまとっている。

涙そうそう

いつもいつも傍らにいたのに。 涙そうそう。

おいしい本

『ランチ酒』は 変わった夜の仕事、「見守りや」をするバツイチ女性の仕事を終えたあとのランチの様子を描く。 寂しさや孤独、離れて暮らす娘の幸せをおもいつつ、おいしいランチとお酒に癒しを求める女性。 おいしいものを食べ、飲んで、活力をえて、生きて…

ナナとの別れ

今日、ナナを火葬した。 もう家に帰ってきても出迎えてくれるものはいない。 静かな暮らしが始まる。 可愛い犬だった。この12年いつも一緒だったのに。 これからナナの好きなこたつの季節になるのに。

ナナが死んだ

今日、ナナが死んだ。 失神を4月、9月、そして10月2日と3回したので 冬は越せないかもとは思っていた。 家に帰ると、いつものように2階から哭いて答えてくれていた。 抱き上げて階段をおりると後ろ足の様子がぎこちなく、これは失神するかもと思った…

肖像彫刻家

面白く読んだけれど、篠田節子の作風変わったのかしら。

バター

こんな家族であればなあ・・・・ 予想外の展開にどんどん引き込まれる小説。 シンプルなカトルカールが焼きたくなった。 生きるということはやっかいな面がある。

なな 失神

3度目の失神。 4月20日、9月1日と今日、10月2日。 ぱり心臓に雑音があり。そして飼い始めて12年目。 いつも仕事から帰ってくるのをまちわびるように、トイレに連れ出した後、いきなりぐったり失神。1回目はこれで最後かと思ってびっくり仰天、あ…

プレミアムジェラート

奥のがプレミアムピスタチオのジェラート。600円なり。 濃厚で、ほんまお値段もプレミアム。 手前はプールーンミルクとハックルベリーヨーグルト。 お腹にやさしく美味しかった。 でも盛り方が美しくない。 幸村のかくれ湯の石湯に浸かったあとのジェラー…

仕事のやりがいとは・・・

社会保険労務士なる資格があるとは知らなかった。 企業が総務の仕事を社労士の事務所に委託している所があることも。 社労士の資格をとり一生懸命に働く主人公の活躍ぶりが描かれれいる。 若い社会人にお勧めの本である。 仕事のやりがいとは、 「誰かに喜ば…

ハルタのパン

土曜日しか店頭販売していないというハルタのパンを求め車を 走らせる。 店(工場)の前を通り過ぎたのにも気がつかず、おかしいなと思いまた戻る。 ひっそりと看板がでていたのを見落とす。 デンマークの黒パンは初めてなので即購入。 ブドウパンは素朴で美…

キュートなわんこ

) 先日、花の都公園で、わんこの写真教室に遭遇。5組ほどの家族?(わんこが子供) がいた。 富士山は雲の中で見えなかったが、キュートなわんこに思わず、撮らせていただいた。 うちのナナはシュナウザーのミックスなので、こちらのわんこのほうがキュー…

ひこばえ

「人は、いつでも生き直せる」という帯のフレーズにひかれ借りてみた。 切り株だけになった木でもひこばえが芽を出し育っていく。 なんと逞しいことであろう。 真っすぐな主人公の画家の生き方もその芸術に惹かれた人たちの生き方もひこばえのように逞しい。…

若き黄門さん

冲方丁の作者名につられて読んでみた。 光圀といえば黄門さんしか知らなかったけれど、水戸藩の世継だったのね。 捨て子を隠密として育てるななんてすごい。 光圀と了助の父との秘密があかされなかったのはちと残念だったが、面白かった。 地獄も極楽も人の…

格安スマホデビュー

7月末にネットでゼンフオンを購入。 操作に慣れてからと、お盆過ぎに番号ポータビリティーで申し込み予約番号を取る。 いざ、通信会社にネット申し込みをしようとしたら、自分一人では、なかなか、ネットがつかいこなせず、娘の手助けを借りる。申し込み完了…

苦しみを理解するには・・・・

この本で一番心に残ったのは、「友人に言われた。僕は人の苦しみを理解するときは、想像してからそれを百倍しなければいけないそうだ」というフレーズ。 だれしもが人の気持ちを推し量る時、自分の想像より百倍すればもっと人の気持ちを思いやれるだろう。 …

切ない向日葵

563ページの分厚さに少し躊躇したがぐいぐい引き込まれた。 棋士や刑事たちのキヤラクターも面白い。 将棋は知らないので、その部分は読み飛ばしてしまったが、 構成もうまいなと思う。 それにしても、主人公の最後は切ない。 太陽に向かって咲く向日葵は…

本場 台湾の味

アリオに台湾直輸入のタピオカドリンクのお店ブルフルがオープン。 行列ができていたけれど、並んで待つ。 一番オーソドックスな台湾らしい、黒糖タイガーミルクティーをオーダー。 ちょっと甘かったけれど濃厚でタピオカがプルフルしていて美味しかった。 …

いいなぁ、こんな旅

銀色夏生さん、名前だけは知っていた。それもなんとなく、男性だと思っていた。 いいなぁ、こんな旅できたらなと思って読んでみた。 もっと、写真があれば良かったのに残念。 旅慣れた人たちの話が一番面白かった。 今も旅の途上にいるんだろうな。

当たりはずれなし

この作家さんの作品ははずれがない。 ぐいぐい読ませる。 日誌がなぜ消されているのかも、後になって、そうなのかと読者をうならせる。 そして思わぬ展開に。 面白い刑事小説だった。

家族の物語

破天荒な父親のと立派な母親を持つ心優しき主人公。 夫婦は離婚し、主人公は母親のもとへ、姉は父親と暮らす。 姉ちゃんもユニーク。主人公は父親のいうとおり「まっとうに」生きる。 愛情豊かな素敵な家族の物語。