読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然3行かもしれない日記

日々のこと、身体のこと、本のこと。気になることがあればコメントしてみてください。

立て続けに?

あずかりやさん (一般書)

『あずかりやさん』を読んだ。

とても静かで染み入るような小説だった。

主人公は、目がみえなくなった男性で、あずかりやを真摯に営む。これで生活していけるのか?と思うが、誠実に生きれいれば人生はなんとかなる。とおもわせるような・・・・・。

語り手ものれんや自転車であったり、面白い構成だった。

主人公は何にも語らないのだけれど。 

 社長と名づけられたねこが「世界は音と匂いだけになった」という気持ちにドキンとした。

 失明するとは、そういうことなのだとしみじみ思った。

 

あほろくの川だいこ (ポプラ社の創作絵本 6)

『あほろくの川だいこ』は美濃の昔話である。

あほろくが目が見えなくなったため、村人たちに、大雨の時に川の水かさを知らせるために太鼓をたたく役をさせられる。

あほろくも真摯に自分の仕事をし、何度も村人たちを助ける。でも、何度めかの大雨の時、川が氾濫し荒れ狂う川に呑み込まれてしまう。それでも太鼓をたたくことをやめずに・・・

このあほろくは、けっしておあほろくではなく、だれよりもるっぱで偉い「ろく」なのである。眼の見えない人に最も危険な仕事を与える人間のエゴイズム・・・・

あわれな「ろく」かわいそううな「ろく」・・・

 

立て続けに眼が見えなくなってしまった主人公の話を読んでしまった。

そのあと『耳なし芳一』にいってしまった。

 

耳なし芳一

 

<いつまでも どう生きればと 雪の夜>