徒然3行かもしれない日記

日々のこと、身体のこと、本のこと。気になることがあればコメントしてみてください。

終活小説?

『泣きかたをわすれていた』を読みながら、これは私小説だなと思った。

思いを赤裸々に表現しつつ、読み手をうまく引き込む。

愛する人をきちんと見送ってこそ、最後に自分の終活をやり終え、やっと安堵の涙する。

みごとな生き方がここにある。