徒然3行かもしれない日記

日々のこと、身体のこと、本のこと。気になることがあればコメントしてみてください。

愛するいのち、いらないのち

愛するいのち、いらないいのち

『愛するいのち、いらないいのち』富士本由紀

 地方にすむ義父の介護、夫の闘病、次々降りかかる問題を抱え奮闘する59歳の主人公。

リアルな心情を赤裸々に描く。

インパクトのある題名だが、最後に救いがあり良かった。