徒然3行かもしれない日記

日々のこと、身体のこと、本のこと。気になることがあればコメントしてみてください。

未熟であること

虹色と幸運 (ちくま文庫)

『虹色と幸運』柴崎友香

友達、3人三様の一年間を淡々とつなげて描いていく。

 なんとはなく読み進めたが、なにが幸運なのか、いまいちわからなかった。

それでも、迷いながらも、生きていくのが人生なんだと思える。

そのなかのひとりが、三十代になってもきちんとした大人になりきれないという。

はるか昔、『二十歳の原点』を読んで、未熟であることという言葉が心に残っている。

私自身、この年になっても、自分の未熟さを感じる。