徒然3行かもしれない日記

日々のこと、身体のこと、本のこと。気になることがあればコメントしてみてください。

祝 直木賞

銀河鉄道の父

未読なんですが『銀河鉄道の父』、直木賞受賞作ということで、面白いんだろうなとおもいます。

新聞記事で、作者のお父様が歴史好きで、慶喜となずけられたとか、いずれ徳川慶喜を新しい切り口で書かれるのだろうな。楽しみ。楽しみ。

 この方の歴史小説を読んでいると、なんとなく、司馬遼太郎に近いような感じがするなあ。今そこで、歴史に立ち会っているような・・・・・・

 

家康ってすごい、天下人だったのね。

家康、江戸を建てる

『家康、江戸を建てる』はもっと、家康が登場してくるのかと思いきや、家康は外堀だけで、そこには、家康に見出された自分の仕事に誇りを持ち秀でた仕事人の男たちの物語であった。花のお江戸の礎を築いた素敵な日本人がいたことをうれしいというかすごいなぁと思うような話であった。教科書にはでてこない偉人伝だと思う。

川の流れを変えた伊奈の忠治親子や、小判を鋳造した後藤庄三郎や飲み水をひいた大久保藤五郎、六次郎、石工の吾平など、みんな魅力ある人物にえがかれている。

すべては、天下人、家康の采配の賜物なのだが。

面白く、一気読みだった。

 門井慶喜さん。こんどは、西郷さんをかいてほしいな。

どう料理するか楽しみなんだけど。

強気なもんだ

花火の図鑑

ページをめくるたびに美しい花火がみられる楽しい図鑑。

今日はどんと焼きで、打ち上げ花火が上げられ強気な日である。

冬の花火は空気が冷たく凛としてなお美しい。

 

 

 

なつかしの鶯ボール

植垣米菓 鶯ボール56G×10袋

『調べよう 都道府県のお菓子』を、食べたことあるあると思いつつ見ていたら、

ご当地袋菓子 なつかしの味に「鶯ボール」が兵庫県で登場していた。知らなかったな。ご当地物とは。

 ほんま、なつかしい。

かりっとしていて、おいしかった。カルビーじゃないけど

とまらない、とまらない。

久しくお目にかかっていない。

食べたくなってきた。

 

一日はやく

まめやの底力 北海道産大納言 1Kg

お正月は、小豆だったが、今回は大納言小豆。

大納言のほうが高級だとか。10日が、鏡開きと思って成人の日に煮ておいたのだった。

例年なら、小豆を使用していたのだが、ありがだいことに実家から送られた宅急便に入っていたので、薪ストーブで煮た。さすが、大納言。煮崩れせずおおぶり。

缶詰は、どうも、甘くていただけないなと思っていたので、薄味の甘さ控えめでとてもおいしい善哉になった。

自分で作るのが一番だ。

よきかな。よきかな。

半分、冷凍し次は、小正月に食べよう。

 

 

 

ささやかな優しさ、かすみ草

かすみ草のおねえさん (文春文庫)

先日、正月あけ本を返却しに行ったら、休館。

手元に新しい本がないので、家にある『かすみ草のおねえさん』をぺらぺら読み直した。

 さすが、文章うまいなと感心。

書評も書いてるし、国語の先生だったし、なにより

言葉巧みな歌人だものね。

ささやかな優しさを、感じとることのできる心を培っていきたい、と思います。それは、自分のなかに、ささやかな優しさを持ちつづけたい、という思いでもあります。

 

 

ふわふわ

ヤマザキ ふんわり食パン 6枚切り×3個

スーパーマーケットで、のちいさな楽しみは、値引き商品である。

特にパンが15パーセントオフや半額になっていたら超ラッキー。

今回ヤマザキのふんわりがお買い得だった。

初めて食したが、トーストでは、おいしさがわからなかったが、オープンサンドにしたら耳までふわふわでとてもおいしかった。美味、美味。

やさしい、ふわふわのパンだった。