徒然3行かもしれない日記

日々のこと、身体のこと、本のこと。気になることがあればコメントしてみてください。

セブン牛乳

スーパーで購入している、安価なお墨付き牛乳などを切らしてしまったので、しかたなく近所のセブンに行ったところ、セブン牛乳がなく、違うメーカーのしか置いてなくがっかり。セブン牛乳もお手頃価格でいいのに。なんで、よそのものおいてるのか。がっかり。

 前回行った時もなくて、その時は売り切れたのかなと思ったのだが、今回、棚をみてセブン牛乳あってよかったと思い、レジに持っていってナナコ使う時になって、値段が違うと思ったら、セブンの飲むヨーグルトをつかんでいた。セブン牛乳どうしたんだろう。

神社といえば、彩の国後日談

f:id:every-happy-day:20181210205241j:plain

彩の国に行く前に、群馬の貫前神社に立ち寄った。

神社といえば、石段を登って参拝するのが定番だと思っていたが、ここは、降りて参拝する。

パワーが立ち込めているような気配もあり、美しい社だった。ご利益は無事カエルとういことで、カエルの置物を売っていた。お参りだけですませたが。

道中、2件の交通事故に遭遇。1つは黒い乗用車が横転していて渋滞。もう1つは自転車と赤い乗用車との接触事故で、現場検証中。

そんなこんなで、ランチ時間に間に合わず、パンとコーヒーのセットを逃すはめに。

でも、貫前神社に詣でたおかげて、

f:id:every-happy-day:20181210210316j:plain

佐久平駅のイルミネーションもみることが出来、

無事カエルことができ、ご利益ありました。

上々の彩の国行きでした。

 

 

 

行ってきました。彩の国のムーミン谷

 

f:id:every-happy-day:20181209215902j:plain

 

f:id:every-happy-day:20181209220656j:plain

あけぼの子どもの森公園に行ってきました

平日だったので、大人が多かった。

ムーミンの世界にいったような不思議な感じがしました。

その前に立ち寄った高麗神社はパワースポットでご利益があるといいな。

予想外の結末

蟻の菜園 ―アントガーデンー (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

柚木裕子は読ませるなとただだた、感心しきり。

どう表題と関係があるのか、きっちり解決してくれる。

四章の「あなた」はだれ?だれが語っているのか不明だったが、解離性同一性障害を持ってきたとは。

由美は作者の分身なのかな。

まだやり直す時間は残っている。 

 いつでもやり直せる。それを肝に銘じて。

このミステリー、面白い。

ハーゲンダッツ

近くに公営の体育館ができ、その中に無料でできるランニ

ングマシンがあり始めて運動してきました。

1時間走って、300キロカロリーを消費しました。

消費カロリーが少ないのかどうかはわかりませんが、体力保持のために励もうと思います。

そのあとは、スーパーでハーゲンダッツが4割引でセールをしていたので、迷わす、マカデミアナッツにきめました。

f:id:every-happy-day:20181126211117j:plain

食べるほどに美味しい。満足でした。

こんな人いるよね。

泣きながら、呼んだ人

『泣きながら呼んだ人』は4人の女性を主人公にした母と子を中心とした家族の物語。

それぞれの母親の姿を読みながら、こんな人いるよね。

うまく描けてるなあと感心する。

かって誰かに大事にされたという過去があるから、誰がと手を携えて生きていく未来を信じられる

作者が、登場人物に語らせているように、正しい生き方かどうかはわからなくともそのときどきを懸命に来ていくしかないないのだろう。