徒然3行かもしれない日記

日々のこと、身体のこと、本のこと。気になることがあればコメントしてみてください。

勇気をもって声をあげてください

『護られなかった者たちへ』中山七里 大切な人を護られなかった人が、復讐をする。 「護られなかった人たちへ」と題して発信したメッセージがすべてを語っている。 骨太の社会派ミステミー。読み応えあり。

約束

『今日も君は、約束の旅に出る』瀬名和章 ありえないシチュエーションだが・・ライトノベルなのかな・・・失礼な表現だけれど。 でも約束は守るのは当たり前のことだが、その当たり前のことが難しい。 約束、それは絆なんだと思う。 こうしたい。こうありた…

海を抱いて月に眠る

『海を抱いて月に眠る』深沢潮 全然知らない世界がここにはある。 在日一世の韓国人の父の残した日記から父の真実の思いを知る。 祖国を離れざるを得なかった人たち、本名を名乗れなかった苦悩、歴史や同胞、社会情勢など、あらゆるものに翻弄されながらも、…

最高のオバハン

『中島ハルコはまだ懲りてない!』林真理子 こんなおせっかいで相談に乗ってくれる人いたらいいな。 姉子肌ではっきり物を言う面白くてせこいところもある面倒見のいい最高のオバハン。 サクサク読め、美味しい食べ物も出で来る。 食欲の秋にはもってこい。 …

面白かった。

『万波を翔る』木内昇 幕末の外交官の奮闘を描いた面白い歴史小説。 司馬遼太郎の本を読んでいるみたいだった。 活き活きと一本気な猪突邁進する主人公。 己の心棒を持つこと。 ぶれない軸をつくること。 先を見通すこと。 広く見通すこと。 失敗を糧とし、…

最後のページをめくるまで、わからない

『最後のページをめくるまで』水生大海 ミステリ短編集。 足元をすくわれるような最後のページをめくるまでわからない結末。 小気味よく怖い。

影武者総理

おりしも総裁選まっだだ中だったので表題にひかれて読んでみた。 『総理にされた男』総裁選とは全く関係がなく総理の影武者があれよあれよというままに本物の総理となって国を統べるさまを描くエンタメ。 政治にうとい人(私)にもわかりやすく面白かった。 …

さざなみのように

『るさざなみのよる』木皿泉 人がな亡くとなるとういこと、その人が周りの近しい人に残したものをしみじみと描く。 ざざなみのように、もう死を受け入れてもいいやという気持ちと生きたいという気持ちが交互やってくるらしい。そしてその間隔がせまくなり・…

古書の町 神保町

『定価のない本』門井慶喜 GHQ占領下の古書の町、神田神保町を舞台に古書を守る書店主たちの物語。 本による圧死事件から始まるミステリー仕立て。 フィクションとはいえ、太宰治や徳富蘇峰なんかも登場して実話かと・・・ 古典が今も読めるのは、古書屋…

海浜浴

海を見に北上。日本海のヒスイ海岸。 波の音を聞きながら石ころ拾い。 棒にお玉を付けたお手製?のヒスイ掘り棒を持ってヒスイを探しに来ている人たちもちらほら。 ヒスイはわからなかったけれど、海はいいな!

ふわとろオムライス

若 『お願おむらいす』中澤日菜子 帯と見返し、そのまんまの物語。 心がほわっと温まる連作短編集 ここで、この場所でせいがいっぱい生きることが、きっと確かな未来へと繋がっていく。 辛さの単位があるなんて、それもスコヴィルというなんて知らなかった。…

パワースポット

残暑の残る晴れた土曜日。妙義神社に詣でる。 階段の上に権現造りの豪華な社。 汗をかきつつ、階段を上りパワーが山の上まで吸い取られるような・・・ でも、詣でたあとは清々しく、パワーをもらったような・・・ 秋が深まった頃のほうが訪れるには最適だろ…

にがうりともろこし

この夏、にがうり(ごーや)とコーンがすごく相性がいいことを発見。 にがうりの苦味とコーンの甘さ、ひき肉と一緒に炒めて中華だしと 醤油、または味噌味でも美味しい。 または、シーチキンとサラダにしても。 緑と黄色、色鮮やかなのうれしい。

飛びこんだら泳ぐしかないでしょう

『消えていく日に』加藤千恵 いろんな事情をかかえた女性たちの短編集。 人生、飛び込んでしまったら、泳いでがんばるしかないのだろう。 「夏の飛びこみ」「エアポケット」が良かった。 いつかエアポケットから抜け出し生きていく。

ここからはじまる

『ここからはじまる』はらだみずき 内容はともかくも、ここからはじまる いい言葉だな。 いつでも前向きになれる。 おりしも、安倍首相の辞任表明。 持病がありながら、過酷な職務に今まで頑張ったのだから。 難しいことはわからぬが、安倍さんコロナさえな…

タメる

『空は逃げない』まはら三桃 学生時代の男女三人の青春物語。 棒高跳びのアスリート、同姓同名ふたりのリンタロウと芸術を志す感受性の強い絵怜奈。 面白いしかけだった。 終盤まで大けがをして再起をしたのどちらか、読者をひっぱっていく。 棒高跳びでも人…

のっけから失礼します

三浦しをんさんのエッセイ集。 赤裸々につづられた日常にヒトコマ。 のっけから笑わせていだだきました。 キウイ父さん最高。 s

我ニ救国ノ策アリ・・・・

『我ニ救国ノ策アリ』二木英之 作者は信大出身なのか。それで佐久間象山を描いたのかな。 国のことを想い奔走し、維新の英傑に師事されるのに、ドラマの主人公になれない? のは性格が狷介すぎるのか。この時代は惜しいひとたちが暗殺される。 勝海舟の名は…

鉄砲鍛冶師藤兵衛

『玉兎の望み』仁志耕一郎 国友村の鉄砲鍛冶師一貫斎藤兵衛の熱き生き様を描く。 鍛冶師は鉄を鍛えながら、己を鍛えるんや。 という父の教えを守り、自分のことだけでなく村の仲間の鍛冶師 たやちのことも思いやる真の鍛冶師。 井伊家の殿様も粋な計らいをす…

ねこ禅

いぬ派としてはいぬ禅もつくってほしいなぁ。 人生がわんだふるになる教えを

変わったなぁ!

『麦元三歩の好きなもの』住野よる 表題そのままの本。 住野よる、変わったなぁ!

知られざる忠臣蔵

『森家の討ち入り』諸田玲子 討ち入りの影にそれを裏から支えた女性たちを描く。 赤穂四十七士の中に隣国津山森家の三人の旧臣がいた。 義に生きる三人に係るそれぞれの女たちの生き様。 潔くもあり悲しくもある。 豊かさとは、物をつくりだす力、たゆまぬ労…

高齢者医療を描く

さわやかな安曇野を舞台に若き研修医と看護師と恋愛をからめながら、地方の高齢者医療の現実を、美しい花と共に描く。 読みやすくてなおかつ終末期医療の延命か看取りか難しい問題をつきつける。 命の根っこが繋がっているのか否か。 花の美しさに気づかない…

お犬さま

『元禄お犬姫』諸田玲子 面白い時代小説。 あの有名な浅野内匠殿が殿中で刃傷におよんだ時代が、生類憐みの令の時代だったとは・・・・・ 私が知らなさ過ぎなだけだけれど。

凛、凛

『エミリの小さな包丁』森沢明夫 都会で傷つき逃げるように、海辺の一人暮らす風鈴職人の祖父のところにやってきたエミリ。 祖父に料理を教わり、新しい出会いを経て一歩を踏み出すまでの一夏を青い海と優しい風鈴の凛とした音にからませながら描いた優しい…

大雨

南で河川が氾濫。そして北でも。 このところ、自然災害ばかり。 いろんなつけが一気にきたのか・・・・ それでもこの時期アジサイは色鮮やかに咲き誇る。

罪と祈り

『罪と祈り』貫井徳郎 面白かった。 果たして刑事の賢剛は父の犯罪を暴露するのか・・・ そうせざるを得ないような気がする。

こつぶ納豆

井崎商店の「こつぶ納豆」 いただきもので、 納豆は嫌いではないが、お菓子にはな~とこわごわ食べた。 納豆の糸ひき感がうまく残され、おかきとの大きさも程よく、後をひく美味しさ。 一度ご賞味あれ。

いい再会物語

『おいしくて泣くとき』森沢明夫 どう話が繋がるのかと読み進めていく。そういうことなんだと結末になってわかる。 面白いしかけだった。 夕花さん頑張って幸せになって良かった。

やったー レモンシフォンケーキ

前回、作った時はうまく焼けたーと思ったら、焼があまかったみたいで少ししぼんでしまった。 今日リベンジしてようやくうまくできた。やったー!!!